産後骨盤矯正

  • 出産後、腰痛や肩こりに悩んでいる
  • 産後、下半身太りに悩んでいる
  • 尿漏れや股関節の痛みで毎日が辛い
  • 骨盤が開いているような気がする
  • 産後の体がボロボロで疲れてしまっている

産後骨盤矯正は必要なの?

施術

産後の骨盤ケア、骨盤ベルト(とこちゃんベルト)、産後骨盤矯正という言葉を最近良く聞くけれど「産後の骨盤矯正は必須なの?」と疑問に持たれている方はいるかもしれません。

産後の骨盤はどのような状態かといいますと、妊娠することにより分泌される「リラキシン」というホルモンの作用により、関節の靭帯が緩い状態で、少しのことで骨盤が歪みやすくなっているのです。

骨盤が歪みやすくなるとどうなるのでしょうか?
恐らく生理中の女性の方は経験したことはあるかと思いますが、骨盤がガタガタすると腰痛や肩こりが発生しやすい状態です。
産後の骨盤は骨盤が広がってしまっていて歪みも発生しているので、不調はもちろん、開いた骨盤周りに肉がつくぽっこりお腹、下半身太り(ズボンがはけない)を招いてしまい、スタイルの変化に悩む産後のお母さんは多くなっています。

また、尿漏れ、身体がつってしまう、下肢のむくみ、二人目不妊といった悩みも、骨盤矯正を行うことにより解消に向かいます。

産後のリラキシンのホルモンはいつまで作用する?

赤ちゃんとお母さんリラキシンのホルモン自体は、産後3日くらいまでで分泌が終わります。
そのまま、靭帯が緩み骨盤が開ききったままケアせずに定着してしまうと、歪みがあるまま日常生活に戻ることになります。
産後一年ぐらいは、比較的骨盤を元に戻しやすいといわれています。(産後何年経っても、骨盤矯正を受けることはできます。)
骨盤は産後一か月後くらいから矯正することをお勧めしております。定期健診の際、許可をもらうと安全です。

帝王切開の方も、リラキシンのホルモンは分泌されますので骨盤矯正を受けたほうが良いですが、受ける前にかかりつけのお医者さんに確認が必要になりますのでご注意ください。

誠心堂整骨院での産後骨盤矯正

施術誠心堂整骨院での産後骨盤矯正は、通常の骨盤矯正とは違い、開いた骨盤を引き締める矯正をメインで行います。
つまりは、骨盤底筋周りのトレーニングになります。また、妊娠中に弱ったインナーマッスルの強化も計ります。
リラキシンのホルモンは骨盤だけでなく他の靭帯にも影響しているので、腱鞘炎に悩んでいるお母さんもいますが、しっかり一緒に見ますのでご安心下さい。
女性スタッフも多数在籍しておりますので、男性スタッフに話しにくいようなお悩みもしっかり受け止めて施術することができます。

当院の産後骨盤矯正は、手技がメインで(インナーマッスルを鍛えられるEMSもご用意しております)美容効果やダイエット効果も感じて頂けるように取り組んでおります。

お子様連れも大歓迎です!

赤ちゃんとスタッフ

当院では、広々キッズスペースを完備しております。おもちゃやDVDもありますので、お子さんのことはお任せいただき、ゆっくり施術を受けて下さいね。